« 仁淀ブルー | トップページ | 新しくなった坂本龍馬記念館へ行ってきました »

kinoです。
新年度も始まり、企画部にも新入社員が増えました。
なので、月に1回企画部で勉強会をすることにしましたので報告していきます。
(仮称)第1回勉強会
島根県の出雲大社です。

Img_0036_2

出雲大社は、一級建築士の試験では避けて通れない課題なので、新人の勉強には欠かせないと思い決定しました。 
 
Img_0037

途中にピカチュウ?と思いましたが、因幡の白兎がいました。
この神話も出雲には欠かせない物語です。
 
Img_0043

本殿は奥まっていてなかなか全貌は見れないですが、存在感のある檜皮葺(ひわだぶき)屋根に曲線の破風(はふ)、装飾の千木、鰹木、が大社造りの特徴が見れました。
 
Img_0040

ちなみに、鰹木が奇数と偶数で祭られている神様が女性か男性かがわかるようです。
 
Img_0046

これは、神楽殿の入口で有名なしめ縄ですが、下からコインを投げて刺されば願いが叶うとのことですが、今は投げないように金網が張られていました。
 
Img_0048

帰りには、すぐ横にある島根県立古代出雲歴史館(槇文彦さんの設計)にて現代建築と古代歴史建築物の勉強です。
 
Img_0049

古代の出雲大社の想定模型、切妻入りの様子がわかります。
 
Img_0050

一番奥が、本殿。その他の模型も国宝の神社ですが、とびぬけて大きいのがわかります。
神社建築の発祥かもしれない出雲大社、歴史建築の中でもずば抜けた存在感があります。
 余談ですが、出雲そばを食べる際、島根出身のSINKA事業部の安部氏には、なんで聞きにこんなじゃと怒られました。
 
Img_0034

|

« 仁淀ブルー | トップページ | 新しくなった坂本龍馬記念館へ行ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 仁淀ブルー | トップページ | 新しくなった坂本龍馬記念館へ行ってきました »