« 京都の土佐 | トップページ | 2016東京 »

はじめまして、nishi です!

はじめまして、10月より企画部に配属になりました、西山ことnishiです。

今回のブログはシルバーウィークを利用して、東京に建築巡りに行ったことについてです。

Img_20150922_132704_3

まずはメジャーどころの「国立代々木競技場」
設計は建築家の丹下健三氏
1964年開催の東京オリンピックの為に建設された体育館
吊り橋構造で造られており、内部に柱を持たない珍しい構造をしています。
丹下健三ファンの間では、「国立代々木競技場」と「東京カテドラル聖マリア大聖堂」は押さえておけと言われているほどメジャーな建築物です。
四国近辺では丹下健三氏の建築物は「香川県立体育館」などが有名です。

Img_20150922_103248_2
続いては、東京駅すぐそばにある「東京国際フォーラム」
設計は建築家のラファエル ヴィニオリ氏
遠めに見ても特徴的な透けのあるファサードが目印です。
SF映画を思わせるようなダイナミックな空間とブリッジにただただ圧倒されます。
催し物なども多いので建築目的以外でも楽しめる場所です。
Img_20150924_141317_5
続いての建築物は「中銀カプセルタワービル」
設計者は建築家の黒川紀章氏
この建物は1972年に竣工しており、黒川氏はこの建築物を未来の象徴、21世紀のビル形態のスタンダードと考えていました。
結果としてこの考え方のビルが普及することはありませんでしたが、今もシンボルとして残っており、中は今もオフィスとして利用している部屋もあるそうです。
Img_20150922_173102_3

最後に紹介するのは「スパイラル」です。
設計は槙文彦氏
東京建築巡りをするにあたって、東京に住む友人から、絶対見ておくべきだと勧められたのがこの建物でした。
概観も中々目立ちますが、中に入ってこそこの建築物を楽しめると思います。
また槙氏は丹下氏に続いて、2番目に日本人としてプリツカー賞を受賞した建築家でもあります。


今後は四国、岡山界隈の建築物を時折ブログにしていきたいと思います。
かなりマニアックな情報も出てくるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

|

« 京都の土佐 | トップページ | 2016東京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめまして、nishi です!:

« 京都の土佐 | トップページ | 2016東京 »