« 倉敷市美観地区 | トップページ | 備中の国 »

『小川』

kinoです。

前々回のつづきで京都にある高瀬川です。

Img_0350

高瀬川(たかせがわ)は、江戸時代初期(1611年)に、京都の中心部と伏見を結ぶために物流用に造られた川です。

200pxtakasebune_2

大正9年(1920年)までの約300年間京都・伏見間の水運に用いられました。 現在は鴨川において京都側と伏見側で分断されており、上流側を高瀬川、下流側を東高瀬川、新高瀬川と呼んでいます。

Img_0364

(南北を分断している鴨川)

京都中心部三条から四条あたりにかけての高瀬川周辺は京都先斗町など歓楽街の一つとなっており、昼間も買い物客や観光客でいっぱいです。

300pxtakasegawatosakura

また桜の名所ともなっています。

当時は単に交通手段として開発されたものが、京都の中心街に残る風景となっている。

人口的でも人の生活が自然といい風景を生むのかも・・・

|

« 倉敷市美観地区 | トップページ | 備中の国 »

kinoの日記」カテゴリの記事

コメント

最近めっきりカキコミしてない岡山のリョージより。(≧m≦)
高瀬川の名前の由来は岡山にあるんですよ。ちょっと驚きだと思いますよ。

...そろそろたまったネタを更新いたします。

投稿: リョージ | 2010年11月12日 (金) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『小川』:

« 倉敷市美観地区 | トップページ | 備中の国 »